気になる!結婚相談所の入会条件とは

近年では婚活ブームもあり、結婚相談所の数も増えてきました。結婚を望む男女にとっては、同じく結婚相手を探すために結婚相談所はとても便利で役立つ場所となっています。

ただ、誰でも彼でも入会できるという相談所は、実は多くありません。全国にある多くの結婚相談所は、入会する前に厳しい審査を行っています。審査というと何やら嫌なイメージがあるでしょうが、結婚相手を紹介するという業務の特徴から、信頼のおける人を厳選するために避けて通れない道なのです。もし入会するにあたって、誰でもどうぞというスタイルにしておくと、年収や家族構成などのプロフィール情報に嘘をつく人がいる可能性もあります。基本情報であるプロフィールに嘘があっては、安心して結婚相手を探すことができませんよね。こういった事態を避けるため、厳しい審査や入会条件が必要になるのです。入会条件には様々な内容があって大変ですが、逆にそれをクリアして入会している人なら安心して付き合えるというメリットもあります。

多くの結婚相談所で採用している入会条件としては、第一に独身であることが挙げられます。何を当たり前のことを思われるでしょうが、実際まだ結婚している身でありながら、再婚相手や浮気相手を探すために入会しようとする人もいるのです。結婚相談所はもちろん結婚相手を探す人ばかりが集まるので、離婚する意思があったとしても既婚者は絶対に入会できません。
また、心身が健康で結婚生活に問題ない人という条件も重要です。ここでいう結婚生活とは、経済的や身体的な面だけでなく、精神的な面でも支障のないことが条件となります。結婚後にこれらに問題があったことが発覚したら、結婚生活を続けられなくなりますものね。これら独身であること、心身に問題が無いことはほとんどの結婚相談所で規約にしっかりと定められています。もし違反が発覚した際は、場合によっては違約金などの罰金が科されることもあるので、絶対に嘘をつくことの無いようにしましょう。

この他にも、近年問題となっている反社会的勢力の関係者は入会を断られることがあります。入会しようとした本人はもちろん、二親等以内の親族が反社会的勢力や反社会的活動団体のメンバーだったりした場合は、入会できません。入会の際には、こういった団体と関係が無いという誓約書に署名しなければならないことが多いです。
また、本人確認ができる身分証を所持していることも条件の一つです。運転免許証や健康保険証、パスポートなど一般的な身分証を提示することになります。
さらに、男性の場合は定職に就き、一定の収入があることが必ず求められます。現在の日本ではまだまだ男性が外で働いて収入を持ち帰るというスタイルが一般的なので、収入の無い男性はほぼ入会を断られてしまうのです。例え投資やギャンブルで毎月一定の収入を得ていても、こういった個人収入では定職とは認められないため、結婚相談所には入会できません。女性の場合は、パートや無職でも入会自体に制限がかかることはありません。
また、入会できる年齢にも条件があります。多くの場合20歳以上の成人からとされており、上限はあまり決まっていません。極端に言えば100歳の高齢者でも入会条件さえ満たせば入ることができます。

一般的な相談所では上記のような入会条件のところが多いですが、ハイクオリティの相談所では学歴も重視しているところがあります。男性なら4年制大学卒業以上、女性は短期大学卒業以上必要とされることが多いです。他にも、女性に人気の高い医師や弁護士、公務員と言った職業限定であったり、年収一千万円以上など単純に収入で条件を設けているところなど様々あります。こういった所は、卒業証明書や収入を証明できる書類など様々な正式書類が必要になるので注意しましょう。

結婚相談所は基本的に結婚適齢期の若い男女が多いのですが、中には再婚を目指す中年以降の年齢の人や、シニア世代で結婚相手を探している人もいます。そういった人々の場合、なかなか一般的な相談所で相手を見つけるのが難しいため、再婚やシニア限定のコースなどに入会すると良いでしょう。また、近年ではタバコを吸わないことが基本の入会条件に組み込まれている相談所も増えてきています。

このように、一見気軽に見える結婚相談所ですが、実際は様々な厳しい入会条件をクリアする必要があるのです。しかし、それも全て安心して信頼できる相手のみを入会させ、幸せな結婚へと導くためです。もし入会条件もろくに定められていない結婚相談所の場合、入会金などを目当てとした悪質な業者である可能性もあります。条件が厳しいから嫌だと敬遠するのではなく、逆にこれだけきちんと審査してくれているのだと安心できるポイントだと受け止めましょう。自分が入会を考える場合には、まずこういった規約を確認し、必要書類や条件をクリアできるかチェックしておくとスムーズに手続きをすることができます。